里山日記

お山でのあれこれ(作業メモとも)
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ってこって

2010.05.28 Friday | 春 > 5月

雪が多かったこの冬ですが、雪融けと同時に春が一気にやってきて
しいたけ、山菜・・・と4月からバタバタでしたが、ひとまず打ち止め。

2010春1

それはそれで、
雪融けと同時にイノシシの死骸があちこちに。
やはり雪が多く越冬できなかったんだと思われ。
いやー、見た見た。でもやっぱオスでかいわ。

カモシカが斜面駆け上がってくのも見ました。
彼らは昼行性なので会う機会が多いのかもしれません。

それにも増して、あちこちにイノシシの掘り返しあるある。
まさに掘ったばっかり、なんてのも見ました。
多分、杉林とか少し雪の少ないところで運良く越冬できたんだと思います。
まさか実生(オイ)で耐寒性のあるイノシシが生まれた・・・なんてことはないよね。

2010春2

これからはフキやヨシナをちまちま採りつつ、畑なんぞもぼちぼちですが
ケモノさんに狙われないといいなと願っとります。

でも一番怖いのは2本足のケモノさ。
| author : あぜち | - | - |

しいたけコマ打ち

2008.05.30 Friday | 春 > 5月

午前中からコマ打ちをやっている相方の手伝いで午後から。
(相方がやっていたのはナメコのだが)

しいたけのコマ打ち。
1500コマ。
コマは開封してしまったら残せないので終わるまで。
19時になってしまった…
あとしいたけのシート片付け。

でもこうやってコマ打っても来年はまだ出ないんだよなー。
上手く行って来年秋。
まあ再来年の春と思っていれば。

まあ雪割草も3年はかかるしな(何でも雪割草と結びつけて考えるヤツ)

残り1000コマはま、おいおいに(相方一人でやるかもしれないし)

とにかくヤブ蚊が多くて参った。
耳元であの羽音はするわ手に止まるやらで「うきーーっ!(><)」だったもんね。
| author : あぜち | - | - |

植付け作業

2008.05.21 Wednesday | 春 > 5月

5/21 サツマイモの植付け

D地区。
相方耕運機を持っていき畑起こし。
やはり機械ってのは便利だね。
でも、昔はこれを人力でやってたんだからなぁ…

その間先日植えたスイカとカボチャに水やり。
そしてビビラで刈り草集め。

午後からサツマイモ苗の植付け。
関八/紅高系/紅あずま/なると金時、の順。
もちろん水やりも。

ヒマワリのタネマキ。

天気が続きそうなので、サツマイモ苗の保湿に刈り草敷く。
その間相方エダマメのタネマキ。

で、本日終了。

紫いもは苗買ってからまた改めて、
エダマメも今回の成長を見つつまた蒔くということで。

植えました
マルチとして刈り草敷いたのでみどりみどりしてます。
肝心のサツマイモ苗すっかり紛れてるし。
| author : あぜち | - | - |

今度は畑

2008.05.19 Monday | 春 > 5月

5/19 畑スタート

山菜から畑に移行。
今日はD地区。

でかける前に4・9の市でサツマイモとスイカとカボチャ苗を仕入れる。
(紅あずま、紅高系、金時、関八/赤小玉・縞なしの黒皮「タヒチ」/えびすカボチャ)

と、言っても去年の畑が終わってから今まで放置状態だったので
草ぼーぼーで植付けはとても無理。
なので今日は草刈りonly。

ミョウガタケが出始めたので、その周りの草を刈る。
背丈のある草株の頭止め程度でいいということだったが
草取りは株ごと抜かないと気が済まない&加えて鎌使い下手な自分。
その草だけ刈ることができず、スギナからミゾソバから刈り込み・抜き
ミョウガタケだけ残す。
・・・時間かかる割にはハンパなんだけどね。

本来ならミョウガタケの出る前に草を刈り、その刈り草かぶせるくらいが
乾燥防止でいいんだそうだ。

・・・まあ今晩から雨だというし、草はまた伸びるだろうから大丈夫だろう(^^;

午後からは相方が草刈り機で刈った草をビビラで集める。
うん、だいぶすっきりしたぞ。

さつまいも用の畑起こしはまた次回ということで、まずはえびすカボチャとスイカの植付け。
で、16時。本日の仕事は終了。

果たして今年の出来はどうかな。
すっきり
| author : あぜち | - | - |

ひとまず打ち止め

2008.05.18 Sunday | 春 > 5月

5/18 山歩き&山菜採り

4/23から日が開いてしまいましたが、連休中はチャリで行ったり
山菜採りも数回行っていました。

今回はこのエリアの(一応三角点を持っている)低山とその稜線歩き・
加えてあったら山菜採り、ということで。
5時半頃出発、16時頃帰宅という行程。

あたりはすっかりみどりみどり。ヤマツツジもちょっと終わり気味。
それでも場所によってはまだカタコの葉が黄変しつつも残ってたりして。
ギフチョウもいたぞ〜。
ゼンマイ〜
よほど雪が消えるのが遅かったのか晩生生育なのかまだゼンマイな「ゼンマイ」も。

すっかりみどりに覆われて、完全ヤブこぎ状態。
稜線からの展望もほとんどなく、山の形がわからなくなってる。
そんな状態でもぴたっと場所がわかる相方はすごい…。
いくらそこで暮らしていたとはいえ、当時の畑や田んぼも今はなく
木だって代替わりしてるだろうに・・・。
自分なんて何度行っても場所と土地名マッチしないもんね。
帰り、ちょっとぼんやりしてたら道間違えて迷いかけたし。
(間違えないような所なので相方もとっとと先に行ってしまってた)

おみやげはネマガリダケとワラビと2番ウド。

ヤブがすっかり濃くなって、ネマガリの虫も多くなってきたので、
今年の山菜採りはとりあえず終了。
(ヨシナはあるけど「採り」というほどではないし)
怒涛の約1ヶ月ちょい、お疲れさまでした〜〜
そしてお山よ、今春もありがとうございましたっ〜〜〜!

タケノコの中の虫をネットで調べたら、どうもこいつは「ハジマヨトウ(の幼虫)」というらしい。
| author : あぜち | - | - |